名刺

独立するにあたって作った名刺。
会社勤めのころと違って、
個人仕様で作るのはもちろん初。
信頼を寄せるデザイナーに発注をし、
デザイン、ロゴ、フォントなどなど、
それなりにこだわって作ったのですが…。



昨日、とあるクライアント様と名刺交換をさせてもらった際
ロゴを見ながら「これって●●ですか…」なんてしばしやりとり。

思いを込めて作ったものに対して
食いついてくれた瞬間って、
実は心の中でガッツポーズ!!!

雑誌の仕事でもそうですが、
仮に同じ企画があったとしても
どんなレイアウトにするのか、
どんなフォントを使うか、
どんな写真を使うか、
そんな一つひとつのこだわりをなくしてはいいものはできません。

「えっ、こんなとこにも…」なんて
パッと見気づかないような細部にだって手を抜かないのが
作り手としての使命のような気がします。

いい物を生み出すためのこだわり。
それが楽しくもあり、
時には苦しさにもつながったり。


昨日何気に名刺のデザインに飛びついてくれたその人のおかげで、
こだわてって物を作ることの喜びみたいなものを再確認しました。
ということで、昨日の気持ちを忘れないように
ブログにも投稿~。
[PR]